• とんそく

結婚するなら・・・。



イタリアンっていうより、中華のほうが好きかな。

とある結婚相談所のCMをみたら、おしゃれな女の子がそんなことを言っていました。

私が言っても「ギャップがかわいい!」なんて絶対に言ってもらえない とんそく です。 


そんな私は、見た目どおり「やっぱり、中華だよねぇ~」とひとりでぶつぶつつぶやきながら、お昼ご飯に向かっております。


今日はあんかけ焼きそばが食べたい気分。

そんな時にはここ。


はらへー太

生粋の栗山町民は「おおたさん」とよびます。

移住してきて9年たちますが、まだまだ新参者。

ただ、ちょっと栗山人ぶって

「お昼、おおたさん行ってくるわ!」

と誰もいない部屋に向かって心の中でつぶやきながら、アパートの玄関を出発しました。



中華だけではないのだよ。

中華が基本ですが、カレーやオムライス、かつ丼などなど、「ザ・まちの食堂」という感じのメニューが並びます。


悩み多きメニュー。


ですが、今日はブレずにあんかけ焼きそば!!


はらへー太さんのメニューでは

・チャーメン

です。

・ピリチャーメン(ちょっと辛めのあんかけ焼きそば)

もあります。

噂では、さらに辛い

・ピリピリチャーメン

や、それよりさらに辛い

・ピリピリチャーメン(ハバネロ入り)

もあるとか・・・。


また今度来よう。


はらへー太さん、栗山町の入り口付近にこんな看板がたっています。

「ハラがへったら はらへー太」


吹雪のときにこの看板を見た安心感と言ったら・・・。

無事帰ってこれた!

っていう感じがする看板です。


ただ、なんで歌舞伎っぽい看板なんだろう?



きょうは何食べる?

・チャーメン 870円(税込)

と、なんとなくもう少し食べたい気分。


そこで、

・ぎょうざ(6個) 350円(税込)

も追加(笑)


いや、食べすぎ(笑)

と思いつつ、となりに座っていたおにいさんが、

・広東メン 870円(税込)

・チャーハン 770円(税込)

を食べていたので、このくらいいいよね(笑)

(いや、ダメだろ!!)



あんかけに溺れようぜ。

けっこう混んでいた時間にも関わらず、すぐに出てきました。

おいしそうぅぅぅ!!!

あんかけがつやつやです。

具材は、エビ、イカ、ホタテ、うずらのたまご、きくらげ、豚肉こま切れ、あとお野菜がたくさん入っていました。


具は大きめで、食べごたえがあります。

お野菜もみずみずしくておいしい。

お皿のフチについているからしもいい感じ!


続いて登場した、ぎょうざ。

大きさは、一口サイズでちょうどいい。

ぺろりと食べきりました。

私の胃袋は順調に成長している気がします(笑)


テーブルの上には、しょうゆ、お酢、こしょう、一味がありました。

あんかけ焼きそばとかぎょうざにちょっとお酢かけたいときあるよね。

ありがたい。

きょうは、からしをつけて食べて、お酢はかけませんでした。



はらへー太 営業情報

はらへー太

[電話]

0123-72-0615

[住所]

北海道夕張郡栗山町中央3丁目69番地

[営業]

11:00~14:30

16:30~19:30

[定休]

木曜日

[紹介メニュー]

・チャーメン 870円(税込)

・ぎょうざ(6個) 350円(税込)

[その他]

駐車場あります(店舗前に3台くらい、店舗向かいの郵便局横駐車場にもとめられます)

栗山公園から歩いて10分くらい

栗山駅から歩いて5分くらい

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もうひとつだけ。

kurigohan

Twitter・Instagram・Facebook・YouTubeもあります。

よろしければフォロー・RT・シェア・チャンネル登録などなど、お願いします。

フォローしていると良いことがあるかも…?

Twitter(@kurigohan_KRYM)

Instagram(kurigohan2020)

Facebook(Kurigohan)

YouTube(kurigohan)

したっけね(*'▽')

94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「kurigohan」は、地元民やUIターン20代〜30代で構成された、栗山町で「ちょっとだけ面白いことをやろう」というメンバーが10人ほど集まった集団です。

 

みんな、栗山という場所にいて、栗山というまちを愛し、栗山というまちに可能性を感じている人たちばかりです。ずっと前から、「何かあったらいいな」「誰かやってくれないかな」「何かしたいな」と思っていました。

 

わずかかもしれないけど、コロナで暗い雰囲気が漂うまちを明るくしたい。

 

「実はこのお店テイクアウトできますよ」

「みんなで大好きな地元を盛り上げよう」

「こんなときだからこそ、もう一度地元に目を向けよう」

 

それが、地域メディアとしての「kurigohan」です。

© kurigohan有志一同. All Rights Reserved.