• KYMP

冬の子どもの遊び場におすすめ「ふるさといきものの里オオムラサキ館」

最終更新: 4日前


こんにちは。3姉妹のパパ、きょんぴーです。

今日は食べ物だけじゃない、小さなお子さんにおすすめのスポットをご紹介します。



ふるさといきものの里 オオムラサキ館

北海道栗山町にある「栗山公園」

年間10万人以上の方が訪れる栗山のランドマークです。

年間と言っても、オープン期間は4月末から11月頭までなので実質オープン期間は6ヶ月間。

1年の半分しかない北海道の貴重なグリーンシーズンを楽しもうと連日多くの親子連れで賑わいます。


11月から翌年の4月までクローズの栗山公園ですが、その一角に冬でも楽しめる施設があります。

その名も「ふるさといきものの里 オオムラサキ館」

長いのでオオムラサキ館と呼びましょう。

とっても嬉しい入場無料

広くて清潔感のある室内です

綺麗なトイレの奥には授乳スペースも。


私も子育てして初めて知りましたが、赤ちゃんのオムツ替えや授乳ってとても大変ですよね。そういう設備がない場所はなかなか行こうとは思えなくなりました。


でもここにはあります。安心してご利用ください。



一年中さまざまないきものや標本を展示

オオムラサキ館では一年を通じてさまざまないきものを飼育、展示しています。

夏には屋外の網舎のなかで飛び交う蝶々を見ることができます。

左:屋外の網舎(冬期閉鎖)、中央:まちのシンボル国蝶「オオムラサキ」、右:オオムラサキの幼虫(ひそかに成虫よりも人気だとか)


娘も壁に展示してあった幼虫をかわいいと気に入っていました。


こちらは横長の細長い窓。

外には餌箱が設置してあって野鳥やエゾリスなどがやってきます。


施設に備え付けの望遠鏡を借りて、室内からぬくぬくバードウォッチングできるなんて贅沢ですね。


世界のカブト・クワガタムシから栗山に棲む昆虫・魚などなど、たくさんのいきものが飼育されています。


オオムラサキになれるフォトスポットにノリノリの娘


いきものをモチーフにしたバッジやマグネットなども販売していて、当然のように買わされました。蝶々のマグネット200円。

すごく気に入ったみたいで冷蔵庫に大事な絵を飾るのに使っています。



冬のお子さんの遊び場におすすめ

入場無料。いきものを観察したり、あっという間に1〜2時間過ごせるとっても楽しい施設です。トイレや授乳室もあるのでお母さんも安心。


飼育員さんも子どもたちにとても優しく丁寧にいきもののことや栗山の自然について教えてくれます。


すぐ近くにコンビニやアイス屋さん、定食屋さん、ラーメン屋2件、あんかけ焼きそばの名店、ネパールカレー屋さんなど飲食店もたくさんあるので1日中楽しめちゃいます。


今は雪の多い季節でコロナ禍もあって来場者は少なめとは思いますが、週末やお昼時など人が多い時間は避けて利用しましょう。

遠方のみなさん、もう少しコロナが落ち着いたら、真っ先に遊びにきてくださいね。



ふるさといきものの里 オオムラサキ館


[電話]0123-72-3000

[住所] 栗山町桜丘2丁目38番地5 栗山公園敷地内

[営業時間]10:00~17:00 

[定休日]火曜日、祝日の翌日

[その他]駐車場たくさんあり

[Facebook]https://www.facebook.com/furusatoyama



ご覧いただきありがとうございました。

したらまた!

66回の閲覧0件のコメント

「kurigohan」は、地元民やUIターン20代〜30代で構成された、栗山町で「ちょっとだけ面白いことをやろう」というメンバーが10人ほど集まった集団です。

 

みんな、栗山という場所にいて、栗山というまちを愛し、栗山というまちに可能性を感じている人たちばかりです。ずっと前から、「何かあったらいいな」「誰かやってくれないかな」「何かしたいな」と思っていました。

 

わずかかもしれないけど、コロナで暗い雰囲気が漂うまちを明るくしたい。

 

「実はこのお店テイクアウトできますよ」

「みんなで大好きな地元を盛り上げよう」

「こんなときだからこそ、もう一度地元に目を向けよう」

 

それが、地域メディアとしての「kurigohan」です。

© kurigohan有志一同. All Rights Reserved.