• とんそく

おそく起きた朝は。



おしゃれなお店に行きたい気分。

普段はズボラ生活ですが、ときには「ゆるふわ・キラキラ・インスタ映え女子」みたいなことをしてみたい とんそく です。


今日はブランチでもして、ゆったりすごしてみようかしら。

おうちに帰ったら、アフターヌーンティーでも飲みましょう。

名案だわぁ!


こんなふうに書くと庭にプールが付いた豪邸に住むレディにでもなった気分です(笑)


現実は、

あったかい布団でぐーたら寝て、おなかすいたなぁ、と思ってごそごそ身なりを整えて、ごはんにでかけ、帰ってきたら、ドラッグストアで箱買いしている2Lペットのウーロン茶をごくごく飲むだけです。

注:ウーロン茶はマグカップに注いでます(笑)


こんな私を、ほんの少し「ゆるふわ・キラキラ・インスタ映え女子」に近づけてくれるお店がここ。


くりやまアンド・アム

栗山町にもこんな素敵なお店が!


あ、いつもどおり、孤独のグルメです(笑)


景色のよい素敵なお店。

もともとは札幌市で営業していたお店でしたが、数年前に栗山町に移転。


夏に開放されるテラス席からはのどかな緑の風景がひろがります。

今は雪景色。

ときどきキタキツネさんが遊びに来るそうです。



ホールを担当しているおにいさんはとっても気さくな方でした。

ひとりで入っても「どうぞ!」と言ってくれるのは本当に安心(笑)


前にひとりでラーメン屋に入ったとき、案内してくれた若い男の子(高校生か大学生くらい?)に、「ひとりです。」と伝えると「ひとりですか!?」とおどろかれたことを思い出しました。


ぴえん。


ひとりでお店にはいったていいじゃんか!



きょうは何食べる?

ちょっとレディを気取って

・ランチセット 1,700円(税抜)

にしました。

ピッツァかパスタに、スープ、前菜、パン、デザート、ドリンクつき。

+800円でメイン料理も追加できちゃう。

ピッツァ・パスタ以外のセットの内容はシェフにおまかせ。


ピッツァとパスタは地元食材を使っていて、

ピッツァの生地は、となりまち由仁町岩崎さんの小麦粉つる吉が使われていました。

パスタは、栗山産エゾ鹿肉をつかったメニューがありました。


今日はパスタの気分だったので、

・パッケリ(栗山産エゾ鹿肉と百合根のミートソース)

にしました。


パッケリは筒状のパスタで、食べごたえのあるマカロニ、という感じです。


ついつい、メイン料理も追加。

食いしんぼう万歳(笑)


あ、ピッツァもおいしそう・・・。

また来よう。




プチ贅沢、してもいいよね。

たまにするこんな贅沢が、ちょうどいい息抜きになっています。

おしゃれ空間にいると、ちょっと自分が真人間になったように感じますね。


こんなおしゃれに不慣れな私。

メニュー名を間違っていたらごめんなさい。


スープは、ゴボウのポタージュ。

ちらされているのはチョコレートです。

え、合うの?と思ったあなた。

めちゃくちゃおいしかったから!

温度はぬるめでちょうどよい感じでした。

ゴボウのうまみをチョコレートの甘さが引き出していました。


一緒に全粒粉のパンをいただきました。

ほかほかでおいしい!

そとはパリッと、なかはしっとり、もっちり。


前菜は、しめさばにベリーソースがかかったもの、キャベツの漬物、あんぽ柿(干し柿)のクリームがのったパン、菜の花のガーリック、サーモンのタルタル、ローストポークとクルミソース、ポテトサラダ。

なんだろう、シェフは私の好み盗み聞きした?

っていうくらい。

前菜というにはもったいない。

これがつまったお弁当食べたい。


パスタは、栗山産エゾ鹿肉と百合根のミートソースのパッケリ。

パッケリは初めて食べましたが、食べごたえがありました。

筒状になっているのですが、結構厚みがあって、コシがつよい。

ソースは、エゾ鹿肉の臭みは全く感じないし、百合根のほくほく感もあいまっておいしい。

ふりかけられているチーズもいい仕事してます。

お肉は、ザ・赤身肉っていう、たんぱく&さっぱりで、重たくならずにいただけました。


メインは、とりむね肉のロースト。

中に細切りの野菜がまかれていて、食感の違いも楽しめました。

とり肉はしっとり!

パサパサ感は全くなし。

プロってすごいな。

付け合わせはトマト、シイタケ、にんじん、さやえんどうを焼いたもの。

ソースをつけて食べるとめっちゃおいしい。


デザートは、チョコレートプリン、イチゴムース、ゴルゴンゾーラチーズ(青カビチーズ)のケーキ。

こちらも、シェフ私の好み知ってるの?

と思いました(笑)

白カビチーズより青カビチーズのほうが好きなんだよな。

苦手な方は、先にメニューを確認したほうがいいかもしれません。

私は好みドンピシャ。どれもおいしかったです。



テイクアウトメニューもありました。

ピッツァは生地がある限り、そのほかのメニューも売り切れでなければある、とのことでした!

今度テイクアウトもしてみよう。


ピッツァ、って言い方、かっこいいですよね。

ただ、「ピッツァ」と打つと、「ピザ」と打つより5倍時間がかかりました・・・。

慣れないかっこつけはするもんじゃないですね(笑)


あぁ、満たされた・・・!

そして、私はいそいそと自分の巣穴(自宅のお布団の中)へ帰っていくのでした。



くりやまアンド・アム 営業情報

くりやまアンド・アム

[電話]

0123-76-7558

[住所]

北海道夕張郡栗山町湯地22番地64

[営業]

ランチ

11:00~15:00

ディナー

17:30~20:00

[定休]

火・水曜日

(1月~3月の冬期間)

※冬期間後の定休日はくりやまアンド・アムさんのFacebookをチェックしてくださいね。

[紹介メニュー]

・ランチセット 1,700円(税抜)

・ランチセット追加メイン料理 800円(税抜)

[その他]

駐車場あります(店舗前に5台くらい?)

栗山公園から歩いて25分くらい

栗山駅から歩いて35分くらい

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もうひとつだけ。

kurigohan

Twitter・Instagram・Facebook・YouTubeもあります。

よろしければフォロー・RT・シェア・チャンネル登録などなど、お願いします。

フォローしていると良いことがあるかも…?

Twitter(@kurigohan_KRYM)

Instagram(kurigohan2020)

Facebook(Kurigohan)

YouTube(kurigohan)

したっけね(*'▽')

89回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「kurigohan」は、地元民やUIターン20代〜30代で構成された、栗山町で「ちょっとだけ面白いことをやろう」というメンバーが10人ほど集まった集団です。

 

みんな、栗山という場所にいて、栗山というまちを愛し、栗山というまちに可能性を感じている人たちばかりです。ずっと前から、「何かあったらいいな」「誰かやってくれないかな」「何かしたいな」と思っていました。

 

わずかかもしれないけど、コロナで暗い雰囲気が漂うまちを明るくしたい。

 

「実はこのお店テイクアウトできますよ」

「みんなで大好きな地元を盛り上げよう」

「こんなときだからこそ、もう一度地元に目を向けよう」

 

それが、地域メディアとしての「kurigohan」です。

© kurigohan有志一同. All Rights Reserved.