• KYMP

北海道なのに海がない栗山町のお寿司事情【その1】


こんにちは。最近になってようやくワサビが食べられるようになりました33歳、KYMP(きょんぴー)です。


北海道といえば誰もが、カニ・ウニ・イクラ・ホタテ!と海鮮を思い浮かべると思います。


残念ながら私の住むまち「栗山町」は、メロン栽培に適した夕張山脈と、稲作に適した広大な空知平野が広がる美しい内陸にあります。

北海道なのに、本州でいうところの「海なし県」状態です。


かわいそうに、いっつも野菜ばっかり食べてるのかと心配して下さりありがとうございます。

でも心配には及びません。

立派なお寿司屋さんが栗山町にもありますから。ね。



寿し出前センター 宝寿し

ドラッグストアと同じ敷地にあるこちらのお店。

床屋さんの隣。ミラー仕様のショーウィンドウ。妖艶な雰囲気を放ちます。

勇気を出して入ってみましょう。


なんて風情のある店内でしょう。

大好きなドリフで、仕事帰りのいかりやさんが立ち寄るお寿司屋さんってこうだよなと。


一見こわそうな大将に最初はビビりましたが、写真撮影にも快く応じてくださる、気さくでとっても温かいお方でした。



3人前以上で出前します


「母さんとサザエが出かけているから今日は寿司でもとるか」と父さんが言うように、出前といえばやっぱりお寿司ですよね。


寿し出前センター宝寿しさんはその名の通り、出前を専門としています。

店内には出前用の桶が山積みしてありました。


出前は3人前以上からしてもらえます。

3人前と言っても、とってもリーズナブルなお値段。

なんと握り寿司(梅)1人前700円から。


梅、竹、松、の上に、小宝、中宝、大宝と続くのが面白いですね。

今回私は松の上、小宝をチョイス。

1人前なのでお店まで取りに行きます。



にぎり 小宝

テイクアウトは寿司桶ではなく折りに入っています。

お吸い物付き。


つやつやの握り寿司が10貫

ネタは札幌の中央卸売市場から常時仕入れているとのこと。

それってもしかして、海なし県栗山町でも毎日新鮮な北海道の海鮮を食べられるってことでしょうか?

どおりでこちらのお寿司も、スーパーで買うお刺身も、北海道はレベルが高いわけです。


今回は撮影用に見栄を貼ってお高めのにぎりにしましたが、リーズナブルなにぎりのファンも多いそうです。

ぜひ3人前から出前してみてください。

(どなたか大宝チャレンジした方がいらっしゃったらSNSなどで教えてください)



ランチタイムもおすすめ


出前が人気のお店ですが、店内のカウンター席で食べることも出来ます。


なんとランチタイムは握り寿司1人前600円から。

しかもお味噌汁と茶碗蒸しもついてくるそうです。

ぜひお店にも足を運んでみてください。



寿し出前センター 宝寿し 営業情報


寿し出前センター 宝寿し

[電話] 0123-72-7830

[住所] 北海道夕張郡栗山町朝日4丁目10番地

[営業] 11:00~19:00(L.O18:30) ランチタイム11:00~14:00

[定休] 火曜日

[紹介メニュー] にぎり小宝1,500円(容器代50円と消費税で合計1,674円)

[その他] 3人前以上で出前可能



おわりに


北海道なのに海なし県栗山町のお寿司事情、最後まで読んでいただきありがとうございました。

続編もお楽しみに。


最後にお願いです。

kurigohanのTwitter・Instagram・Facebook・YouTubeもありますので、よろしければフォロー・RT・シェア・チャンネル登録などなど、よろしくお願いします。

フォローしていると良いことがあるかも…?


Twitter(@kurigohan_KRYM)

Instagram(kurigohan2020)

Facebook(Kurigohan)

YouTube(kurigohan)


もう一つだけお願いです。

記事を読んで少しは役に立ったな・ちょっとだけ面白かったなと思っていただけましたら、右下のハートマークを押していただけると嬉しいです。

にやにやします。


したらまた!

153回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「kurigohan」は、地元民やUIターン20代〜30代で構成された、栗山町で「ちょっとだけ面白いことをやろう」というメンバーが10人ほど集まった集団です。

 

みんな、栗山という場所にいて、栗山というまちを愛し、栗山というまちに可能性を感じている人たちばかりです。ずっと前から、「何かあったらいいな」「誰かやってくれないかな」「何かしたいな」と思っていました。

 

わずかかもしれないけど、コロナで暗い雰囲気が漂うまちを明るくしたい。

 

「実はこのお店テイクアウトできますよ」

「みんなで大好きな地元を盛り上げよう」

「こんなときだからこそ、もう一度地元に目を向けよう」

 

それが、地域メディアとしての「kurigohan」です。

© kurigohan有志一同. All Rights Reserved.